【2016年2月28日インタビュー】株式会社インターパーク

企業基本情報

株式会社インターパーク

代表取締役 舩越 裕勝氏

旧ちえぶくろ社と旧インターパーク社経営統合によって、平成27年6月に設立しました。
顧客管理システム「サスケ」シリーズは、リード営業と呼ばれる初期営業フェーズが受注までに特化した営業支援システムシリーズの製品展開を行っています。WEB管理システム販売「CGI-Park」は、ホームページ内に組み込むことができる管理システムです。WEBサイト制作、システム開発他も行っています。

現在及び今後の事業戦略について

今後の経営方針について、一歩先+情報収集+具現化がイノベーションの肝なのですが、それが難しいと感じています。3-5歩先を考えるのが、イノベーションと思われがちですが、それでは具現化できません。なので3-5年後を見据えたイノベーションに向け、一つ一つの改善を図るべきなのかなと思っています。

経営発表会

自社のイノベーション事例について

見込み顧客管理システム「サスケ」は、様々な業種のマーケティング活動を支援するクラウドサービスです。2009年に旧インターパーク社がサービス開始しました。現在まで約1,000社が導入しています。
旧ちえぶくろ社は、WEBサイトの制作、システム開発、ECサイトの開発を行ってきました。元々交流、共同開発を進めてきた両社でありましたが、お互いの長所を活かし、営業エリアの拡大を図り、イノベーションの創発を目指し、2015年に経営統合をしました。
常々思うのは、「発想する人は売り方がわからない」ということです。つまり、イノベーションを起すためには、バイヤーの存在が求められます。アイデアを具現化し、ビジネスにつなげること。その部分でのメンターは必要かもしれません。

work1

組織風土、人材育成について

採用の基準としては、将来延びる可能性、一緒に働きたい人、そしてコミュニケーション力があります。採用内定後に特に配属を決めずにインターンを行ってもらい、採用後に部署をローテーションで回り、適性を見て、正式配属を決めています。
人材評価・活用と、組織成長戦略について自社で不足している点として、情報発信力が挙げられます。スタッフにも何が足りないのかを日々考えていく、考える力を身に付けてほしいと話しています。

札幌市のIT産業施策に対する意見・要望

札幌はこれから、観光・食・ITのイノベーションで頑張ることで外貨を獲得できる仕組みづくりに力を入れるべきだと考えます。同時に、人材の育成が必要です。独自性や独創性を育む札幌独自の教育が求められます。

TOP画

関連記事

人気の記事

ビズカフェおすすめ記事

【2018年6月7日開催】space 360セミナー 既存の産業を破壊する’ディスラプター’達 彼らをつき動かす秘密とは…

【2018年6月7日開催】space 360セミナー 既存の産業を破壊する’ディスラプター’達 彼らをつき動かす秘密とは…

【2018年4月20日開催】space 360 開設記念セミナーのお知らせ

【2018年4月20日開催】space 360 開設記念セミナーのお知らせ

【2018年4月18日開催】20代に伝えたい50のこと 出版記念イベント 秋元祥治 × 小林さやか トークライブ(ビズカフェ後援イベント)

【2018年4月18日開催】20代に伝えたい50のこと 出版記念イベント 秋元祥治 × 小林さやか トークライブ(ビズカフェ後援イベント)

【2018年3月19日開催】フィンランド オウルに学ぶ北欧型スタートアップ教育とエコシステム

【2018年3月19日開催】フィンランド オウルに学ぶ北欧型スタートアップ教育とエコシステム

お知らせ

「札幌ビズカフェ」とは?

メールマガジン

ビズカフェからの情報やビジネスの最新情報が手に入るメールマガジンへの登録はこちら!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください


※解除はこちら!
メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください