【開催報告】ITベンチャー創出セミナー in帯広(9/4)

地方に眠るIT起業家候補者に対して、起業家マインドの醸成やスキルノウハウ習得、起業に際し資金調達、中でもクラウドファンディングによる資金調達方法等、必要な情報提供を行い、地方におけるITベンチャー起業家創出を目的として行いました。※本事業は、経済産業省「先端課題に対応したベンチャー事業化支援等事業(ITベンチャーのスタートアップ促進事業)」に係る委託を受け実施致しました。

主催:NPO法人札幌ビズカフェ、株式会社アクトナウ

後援:札幌証券取引所

1.日時:2015年9月4日(金) 14:00~16:30

2.場所:帯広商工会議所 中会議室 〒080-8711 帯広市西3条南9丁目1 帯広経済センタービル5階

3.講師:

【メンター】ムラタオフィス株式会社 代表 村田利文

【プレゼンター】農業情報設計社 代表 濱田安之氏、プロモ 代表 ITコーディネーター 佐藤賢一氏

【モデレーター】赤れんが法律事務所 弁護士 杉山 央氏

4.参加人数:15名

5.参加者の業種:創業予定者、スタートアップ企業の経営者

6.テーマ:「農作業のクラウド化に向けた取り組み~農業オープン・クラウド・プラットフォームの未来」

「地域コミュニティ形成に向けた民間拠点としての取り組み~ファブラボ十勝~」

「地方都市におけるクラウドファンディング」

7.内容

①開会の挨拶 株式会社アクトナウ 穴田ゆか

②【第一部】

(1)濱田氏による講演「農作業のクラウド化に向けた取り組み~農業オープン・クラウド・プラットフォームの未来」

(2)佐藤氏による講演「地域コミュニティ形成に向けた民間拠点としての取り組み~ファブラボ十勝~」

(3)村田氏・濱田氏・佐藤氏による公開ミーティング

【第二部】杉山氏による講演「地方都市におけるクラウドファンディング」

③質疑応答

④閉会の挨拶 株式会社アクトナウ 穴田ゆか

 

8.報告

①開会の挨拶 株式会社アクトナウ 穴田ゆか

本セミナーの流れと講師の紹介を行った。

②【第一部】

(1)濱田氏による講演「農作業のクラウド化に向けた取り組み~農業オープン・クラウド・プラットフォームの未来」

農業情報設計社で、GPSガイダンスシステムと「農業ICT」に関する取り組みを行っている。今後は農作業自体のクラウド化を目指し、農作業の見える化の推進、農業の自動化・ロボット化と農業に情報を使っていくシステムづくりをしたいと考えている。課題としては、スタートアップ企業としてこれまでは自己資金で受託開発のみを行い運営していたが、支援金や融資、クラウドファンディングという選択肢も考えていきたいとしている。ソフトの製品完成度を総合的にあげ、農業の現場で使っていただけるようにしていきたい。

(2)佐藤氏による講演「地域コミュニティ形成に向けた民間拠点としての取り組み~ファブラボ十勝~」

ITコーディネーターの資格を取得し、その後、個人事業主が仕事を共有する場を提供するため、コワーキングスペースを作った。企業の新人教育の講師となり、IT人材育成や教育に関心を持ち始めた。スタッフの確保などの関係からコワーキングスペースは閉める運びとなったが、これからはファブラボを作ることを検討しており、今回は子供や主婦も利用者となるような施設にして行きたいと考えている。ITと何かというコラボレーションを生み出すためには、繋がりの場・リスクを恐れずにチャレンジする仕組み・イノベーションが生まれる仕掛けを作ることが大事である。ITコーディネーターとして人材を自ら掘り出していかなくてはいけないと考えている。

(3)村田氏・濱田氏・佐藤氏による公開ミーティング

濱田氏はスタートアップの企業で大事なモデルの実証・海外も含めた市場の捉え方・はっきりとしたビジョンがあって良いが、チームで事業を推進しスピードを意識して、競合に対応していくべきである。また、スタートアップの時期に必要な人が、事業推進をしていく上で必要な人とは限らないので、環境を変えるときに必要な人と事業を進めていくべきであると語った。佐藤氏に対しては、社会起業家として今後は仲間を増すことで成果を出し、経験を積むことが次につながるのではと感じている。インプット増やすために、外に売り上げるように動いていくべきであると語った。

【第二部】杉山氏による講演「地方都市におけるクラウドファンディング」

前半は経歴と上場関連の話をした。ITに関する投資は受けやすいので、地方のニーズをつかみ、横展開できる仕組みを作っていけばよいと語った。投資型において大事なのはプロジェクトの成功ではなく、リターンを返して年利何%回せたかということを説明できて初めて投資が成立したということになる。CFの市場は拡大しているというものの、この投資型の仕組みを理解しなければ、購入型しか残らない可能性がある。プロジェクトの成功のポイントは共感とお得感であり、リターンのお得感を上げることに努めている。地方創生のためにクラウドファンディングを活用してほしいと考えており、地方に人がくる仕組みをACTNOWで実現し、地域に根差したプロジェクトに挑戦してほしいと考えている。

DSC00992

公開ミーティング時

DSC00995

第二部の様子

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Digg this

関連記事

人気の記事

ビズカフェおすすめ記事

【2018年3月19日開催】フィンランド オウルに学ぶ北欧型スタートアップ教育とエコシステム

【2018年3月19日開催】フィンランド オウルに学ぶ北欧型スタートアップ教育とエコシステム

NPO法人札幌ビズカフェのホームページがリニューアルしました!

NPO法人札幌ビズカフェのホームページがリニューアルしました!

札幌市IoTイノベーション推進コンソーシアム/ Sapporo AI Lab 主催セミナー

札幌市IoTイノベーション推進コンソーシアム/ Sapporo AI Lab 主催セミナー

お知らせ

「札幌ビズカフェ」とは?

メールマガジン

ビズカフェからの情報やビジネスの最新情報が手に入るメールマガジンへの登録はこちら!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください


※解除はこちら!
メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください