リーンスタートアップセミナーVOL.19

事業概要と目的

クラウドファンディング元年と呼ばれる2014年は、利用者も事業者も急速に増え、その市場は、約14億円市場となり、今後も、急速に成長が見込まれる市場といわれています。

このクラウドファンディングについて、札幌で取り組む際に、どのようなサービスが受けられるのか?大手クラウドファンディングプラットフォームとの違いは何か?クラウドファンディングはどのようにはじめればよいのか、具体的な取り組みを交えながら、解説を行いました。北海道発のクラウドファンディングの可能性を、初音ミクの生みの親であります伊藤氏と、IPOを専門に全国を飛び回る弁護士の杉山氏との対談式のディスカッションを実施しております。

 開催日時詳細

1,日時:2015年2月26日(木)13:00~15:00

2,場所:札幌市中央区南3条西5丁目1-1 ノルベサ1F MIRAI.ST cafe

3,講師:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 代表取締役社長 伊藤博之氏、 赤れんが法律事務所 弁護士 杉山央氏

4,参加人数:40名

5,参加者の業種:起業家、企業経営者、新規事業担当者 等

6,テーマ: 「クラウドファンディングを活用して資金調達!~クラウドファンディングの活用方法~」

資金調達の新たなしくみとして、「クラウドファンディング」の活用方法、ファンの創り方を学ぶ

※本セミナーは札幌市創業支援事業のもと実施を致しました。

本セミナーの成果と具体的内容

①開会の挨拶 NPO法人札幌ビズカフェ 穴田 ゆか

ビズカフェ穴田から、本セミナーの流れと講師の紹介を行った。

②クラウドファンディングセミナー 3部構成

1.クラウドファンディングの説明とプロジェクト投稿のポイント

前回実施したクラウドファンディングの概要説明から始まり、プロジェクトを成功させるための投稿ポイントをストーリー、写真、共有物の3点を中心に説明を行いました。

2.北海道におけるクラウドファンディングの可能性

伊藤氏より、会場になっているミライストカフェを事例に取り上げながら、横展開として、ヒトモノが集い、クリエイティブな活動が生まれることを説明頂きました。また、初音ミクから派生しているSnow Mikuやギャラリーの実施を通じて、人間とは、創作活動の動物でもあると持論を展開して頂き、これからの経済は、クリエイティブと巻き込み力が主流になる「創造経済」が誕生していると、説明を頂きました。

3.クラウドファンディングの活用方法についてディスカッション

伊藤氏×杉山氏の私見

クラウドファンディングとは、資金調達のみならずPRにも活用でき、かつ何かを成し遂げるための活動の一部にしか過ぎない。であるから、その本来の活動自体をどう伝えるかが重要であり、その有効的な手段としてクラウドファンディングがある。例えば、エンジェルから投資を受けられないVBが、クラウドファンディングを活用し資金調達してもよいし、新しい販売活動として、「賢い消費者」を育てるマーケティングのツールとしても利用は可能であるのではないか。また、クラウドファンディングは、個々の活動の掛け算によって、その価値を高める可能性もありえる。近年では、ファッションや音楽は、Remixされ、新たな形やスタイルを持って継承されている。そうような業界トレンドの、加速的活用にも利用されていくだろう。

taidan-2

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Digg this

関連記事

人気の記事

ビズカフェおすすめ記事

【2018年3月19日開催】フィンランド オウルに学ぶ北欧型スタートアップ教育とエコシステム

【2018年3月19日開催】フィンランド オウルに学ぶ北欧型スタートアップ教育とエコシステム

NPO法人札幌ビズカフェのホームページがリニューアルしました!

NPO法人札幌ビズカフェのホームページがリニューアルしました!

札幌市IoTイノベーション推進コンソーシアム/ Sapporo AI Lab 主催セミナー

札幌市IoTイノベーション推進コンソーシアム/ Sapporo AI Lab 主催セミナー

お知らせ

「札幌ビズカフェ」とは?

メールマガジン

ビズカフェからの情報やビジネスの最新情報が手に入るメールマガジンへの登録はこちら!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください


※解除はこちら!
メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください