札幌市創業支援セミナー~vol.2~

事業概要と目的

2015年7月より開始している、クラウドファンディングを主テーマとした創業支援セミナーを全6回の第2回目を開催した。本プログラムは、札幌市創業支援事業のプログラムであり、札幌で事業を展開している創業直後の経営者や創業志望者に対して、事例を交えながら、事業の成功確率を高めるための事前準備や計画作りを目的として実施しました。第2回目は、砂川に本社を構えるソメスサドル社長染谷氏による「ものづくり・人づくり」についてご講演頂きました。

開催日時詳細

1.日時:2015年8月28日(金) 18:00~20:00

2.場所:札幌市中央区北1条西3丁目3-41 マルイト時計台前ビル9階 北海道ビジネスサポートセンター 9locku’s~クロッカス~

3.講師:ソメスサドル株式会社 代表取締役社長 染谷 昇氏、赤れんが法律事務所 弁護士 杉山 央氏

4.参加人数:18名

5.参加者の業種:起業家、企業経営者、新規事業担当者 等

6.テーマ:「ものづくり・人づくり」 日本を代表する革鞄メーカーとして、取り組んでいる「ものづくり」について、職人の育成もテーマに学ぶ

7.内容

Ⅰ開会の挨拶

Ⅱ【第一部】染谷氏による講演「ものづくり・人づくり」

【第二部】染谷氏×杉山氏 「ものづくり×クラウドファンディング」

Ⅲ質疑応答

Ⅳ閉会の挨拶

本セミナーの成果と具体的内容

Ⅰ開会の挨拶  本セミナーの流れと講師の紹介を行った。

Ⅱ創業支援セミナー 2部構成

【第一部】染谷氏による講演「ものづくり・人づくり」

染谷氏の生い立ちから、学生時代に経験した命のはかなさとストイックな生活、そして自分が父の会社のオリエントレザー(ソメスサドル旧社名)で役に立てるのではないかと継ぐ意志を決めた背景を語った。馬具の市場の大きさに気づき一般革製品も扱い、東京での市場を築き上げた。社名をソメスサドルに変え、6年前に社長に就任した年に、リーマンショックが起こり厳しい決算の結果となったが、そのおかげで明文化した企業理念と今の会社がある。ブランディングの一環として、製造のボリュームではなく、質で評価を得なければならないと掲げている。馬具にこだわらず、その技術を他に生かすことができたため日本唯一の馬具メーカーとして生き残れたと感じる。社員教育は「あいさつのできない社員(社会人)は、一流にはなれない」として、自ら社員に毎朝あいさつをしている。経営者として大事なことは内面を磨き、常に一定の価値観で、普遍的な志を持ち続けることである。と頂きました。

【第二部】染谷氏×杉山氏トークセッション「ものづくり×クラウドファンディング」

クラウドファンディングとは、資金調達のみならず、マーケティング効果と広告効果が期待でき、アイディアに対して支援対象者からいかに共感を得るかが成功の鍵となると語った。トークセッションではソメスサドルにおける鹿革の利用についてなど、今後のものづくりの可能性について対談した。事業規模の大きさに関わらず、ノウハウや専門性のある会社には、大手企業であっても着目する時代であり、何を専門にして高めていくのかが重要である、という話の流れになりました。

DSC00852

講演の様子

 

DSC00872

トークセッション

関連記事

人気の記事

ビズカフェおすすめ記事

【2018年6月7日開催】space 360セミナー 既存の産業を破壊する’ディスラプター’達 彼らをつき動かす秘密とは…

【2018年6月7日開催】space 360セミナー 既存の産業を破壊する’ディスラプター’達 彼らをつき動かす秘密とは…

【2018年4月20日開催】space 360 開設記念セミナーのお知らせ

【2018年4月20日開催】space 360 開設記念セミナーのお知らせ

【2018年4月18日開催】20代に伝えたい50のこと 出版記念イベント 秋元祥治 × 小林さやか トークライブ(ビズカフェ後援イベント)

【2018年4月18日開催】20代に伝えたい50のこと 出版記念イベント 秋元祥治 × 小林さやか トークライブ(ビズカフェ後援イベント)

【2018年3月19日開催】フィンランド オウルに学ぶ北欧型スタートアップ教育とエコシステム

【2018年3月19日開催】フィンランド オウルに学ぶ北欧型スタートアップ教育とエコシステム

お知らせ

「札幌ビズカフェ」とは?

メールマガジン

ビズカフェからの情報やビジネスの最新情報が手に入るメールマガジンへの登録はこちら!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください


※解除はこちら!
メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください