リーンスタートアップセミナーVOL.16

事業概要と目的

マーケティング戦略の視点からニュービジネス協議会の本間氏にご講演頂くことで、起業家が陥りやすい失敗や志向、企業のマーケティング事例を把握・比較し、マーケティングノウハウや分析手法を学び、成熟期で勝ち抜くビジネスモデルの構築の実現を目指しました。起業家やそれを志す学生が講演中でも積極的に質問するなどディスカッションの要素も取り入れたセミナーとなりました。

 開催日時詳細

1.日時:2015年1月26日(月)19:00~21:00

2.場所:札幌市中央区南1条西4丁目日ノ出ビル9F ドリノキ内

3.講師:本間賢一氏(北海道ニュービジネス協議会 理事)

4.参加人数:20名

5.参加者の業種:学生、起業家

6.テーマ:後発企業に適したマーケティング戦略を理解することで新規事業立ち上げ・市場参入時のリスクを開始し、道内起業家のマーケティング能力の向上を目指す

本セミナーの成果と具体的な内容

①開会の挨拶 NPO法人札幌ビズカフェ 上山琢也

ビズカフェ上山から、本セミナーの流れと講師の紹介を行った。

②基調講演「潰れる会社と儲かる会社の違いとは!?」

講師:本間 賢一 氏(北海道ニュービジネス協議会 理事)

成熟期の市場に後発企業が参入する際に重要な点について実際に企業が取り組んだ戦略事例を基に解説を頂きました。とくに市場の細分化・顧客の絞り込み・後発企業が参入時に陥りやすい点について、下記の2社の事例を交えて解説することでより参加者がイメージをしやすい講演内容となりました。

1.Air Doの参入失敗の原因

2.「親湯」の顧客ターゲティング戦略と差別化戦略

競争の激しい市場で競合他社の大手と低価格戦略のみで差別化を図ろうとしたAir Do、一方で顧客を35歳以下の女性に絞り、紙おむつの無料提供などを行うことで他の宿泊施設が敬遠しがちな幼児を連れた夫婦へのサービスに重点を置くことで差別化した「親湯」、この2社のマーケティング戦略から、市場性の高さを重視しただけのマーケティング戦略ではなく、顧客ターゲティングによる差別化戦略の重要性をご指摘頂きました。

③質疑応答

格安航空会社の例についてや、サイドプロジェクトにおいて重要視すべきことなど講演について積極的に質問が挙がりました。また、学生時代にやっておくべきことなど、就職活動を3月へ控えた学生参加者に向かって、面接官として数多くの面接に立ち会った経験からアドバイスとエールが送られました。

本間氏の画像

関連記事

人気の記事

ビズカフェおすすめ記事

【2018年6月7日開催】space 360セミナー 既存の産業を破壊する’ディスラプター’達 彼らをつき動かす秘密とは…

【2018年6月7日開催】space 360セミナー 既存の産業を破壊する’ディスラプター’達 彼らをつき動かす秘密とは…

【2018年4月20日開催】space 360 開設記念セミナーのお知らせ

【2018年4月20日開催】space 360 開設記念セミナーのお知らせ

【2018年4月18日開催】20代に伝えたい50のこと 出版記念イベント 秋元祥治 × 小林さやか トークライブ(ビズカフェ後援イベント)

【2018年4月18日開催】20代に伝えたい50のこと 出版記念イベント 秋元祥治 × 小林さやか トークライブ(ビズカフェ後援イベント)

【2018年3月19日開催】フィンランド オウルに学ぶ北欧型スタートアップ教育とエコシステム

【2018年3月19日開催】フィンランド オウルに学ぶ北欧型スタートアップ教育とエコシステム

お知らせ

「札幌ビズカフェ」とは?

メールマガジン

ビズカフェからの情報やビジネスの最新情報が手に入るメールマガジンへの登録はこちら!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください


※解除はこちら!
メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください